プログラミングメモ →目次

Splashウィンドウ(VC++)

メインプログラムが立ち上がりながら、別のスレッドで、Splashウィンドウを表示するのは一般です。Splashウィンドウの作り方のメモです。

CWinThreadクラスからCSplashAppを派生します。SplashApp.h SplashApp.cpp

CWndクラスからCSplashWndを派生します。SplashWnd.h SplashWnd.cpp

実装方法:

1.メインプログラムの初期段階で、例えBOOL CXXXXXXApp::InitInstance()の中に、次の三行を追加します。

CSplashApp* pSplashApp = new CSplashApp;
Sleep(5000);
pSplashApp->EndSplash();

2.リソースエディターで、ビットマップIDB_BITMAP1を作ります。ビットマップのサイズを下記のマクロに明記します。

#define SPLASH_CX 400
#define SPLASH_CY 208