プログラミングメモ →目次


コンソールアプリでタイマー使用

コンソールのアプリケーションで、タイマーの使い方のメモです。

1.WindowsAPIで、SetTimer()関数で、Windowsアプリケーションのように、タイマーを作成します。

2.メッセージループを実装します。

3.MSGのmessageがWM_TIMERになるまで待ちます。

 

4.ソース:

#include "stdafx.h"
#include <Windows.h>
int _tmain(int argc, _TCHAR* argv[])
{
    MSG msg;

    SetTimer(NULL, 1, 10, NULL);
    int i = 0;
    while (GetMessage(&msg, NULL, 0, 0))
    {
        if (msg.message == WM_TIMER)
        {
            HDC hDC = ::CreateDC(L"DISPLAY", L"DISPLAY", L"DISPLAY", NULL); 
            TCHAR buff[128];
            swprintf(buff, L"%d", i ++);
            TextOut(hDC, 0, 0, buff, _tcslen(buff));
            ::DeleteDC(hDC);
        }
    }
    return (int) msg.wParam;
}