プログラミングメモ →目次

Video for Windows を使って、USBカメラからイメージデータをキャプチャーする(VC)

Video for Windows を使って、USBカメラからイメージデータをキャプチャーする手法のメモです。

下記に列挙しているVideo for Windows関数 を使って、USBカメラからイメージデータをキャプチャーすることができます。イメージデータをキャプチャーできるので、データに対して、画像処理などの応用ができます。
capCreateCaptureWindow();
capDriverConnect();
capSetCallbackOnFrame();
capGrabFrame();

capSetCallbackOnFrame()関数の引数で、CallBack関数を登録できます。CallBack関数の中で、USBカメラからイメージデータをBitmap構造体に入れたり、自分のデータバッファに保持したりすることができます。

メモのために、CCaptureTestというクラスを書きました。初期化、データの取得、データの利用及び表示の方法を記述しています。

クラスのソース

CaptureTest.h
CaptureTest.cpp